オリジナル手提げ袋を作るメリット

  • オリジナルの手提げ袋は納期重視かコスト重視か

    • オリジナルの手提げ袋の発注は、通常1ロット500枚からというところがほとんどです。
      1回の注文で多く枚数を発注すれば、1枚当たりの単価はかなり低くなります。

      お店を開店やイベントなどで、オリジナルの手提げ袋が必要になったら、まず納期を確認しましょう。
      セミオーダーであれば、フルオーダーとは異なり、デザインの土台が既にできているので、デザインにかかる時間は短くなり、納期は短縮できます。



      コストもフルオーダーに比べ安価に抑えられることができるでしょう。手提げ袋であっても、雨に強くするため紙にPP加工などを施したい場合は、紙自体に加工する時間がかかるので、納期は多めに見ておかないといけなくなります。

      納期を短く設定すると、オリジナル手提げ袋を注文する際の選択肢は少なくなります。もし納期が2か月後でもいいとうのであれば、人件費が安い海外へ発注をかけることができ、完全オリジナルであっても低価格で手提げ袋を作ることができるのです。1回辺りの発注枚数を多くすれば、1枚辺りの単価は安くなりますが、意外と侮れないのが、作成したものの保管場所と保管代金です。

      あなたに合った条件の@niftyニュースに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

      ストックを倉庫などに保管するとなると、それだけ場所と保管料がかかり、1枚辺りの単価は安く上がったのにトータルでは高くついてしまった、なんてことにもなりかねないので要注意です。


      業者によっては、大量発注した場合、期間限定で無料にて保管サービスを行っているところもあるので、いろいろな業者の情報を調べて、自分に合っている業者はどこなのかしっかり見極めることが大事です。



top