オリジナル手提げ袋を作るメリット

  • オリジナル手提げ袋を作るメリット

    • 通勤や通学時にサブバッグを持つのが当たり前となっています。



      バッグには入りきらなかったものを入れる補助のための役割もありますが、可愛いサブバッグの存在感をファッションの一部として考えるという面もあると思われます。
      どうせなら、オリジナル性のある自分だけのサブバッグを持つのをおすすめします。他の誰とも被らないこの世でただ一つのアイテムを持つことは、それだけで楽しみを与えてくれます。


      オリジナル性を出すためには自分で手作りしてみるということです。サブバッグに使うことが出来るような手提げ袋ならば、少し練習すれば誰でもつくることが出来るようになります。

      ビジネス視点でNAVERまとめに有効な情報の紹介です。

      オリジナルで作るメリットは、この世でたった一つのアイテムという特別感を得られることだけではありません。
      実用性に関してもたくさんのメリットがあります。

      手提げ袋と言っても、その形状はいろいろなものが考えられます。



      マチがあるものが良いのか、ないものが良いのか、持ち手の長さはどのぐらいか、サイズはどのぐらいが良いか、閉じ口にファスナーやボタンをつけるか、などなど求める要素は人それぞれです。
      市販されているものだと、自分が求める要素が全て入っているとは限りません。

      どこかの要素に妥協しなければならない場合があります。
      しかし、オリジナルで手提げ袋を作成することで、欲しい要素を全て取り入れることが出来ます。用途に合わせていくつかのものを作ってみるのも良いと思われます。

  • よく解る情報

    • 市販品でなんでも揃う便利な世の中ですが、必ずしも自分にとって理想のものが見つかるとは限りません。完成されたものから選ぶことで、返って選択肢を広めることになると言う考え方もあります。...

  • 暮しをもっと知る

    • 買い物をして、購入した品物を入れてもらうときにもらうことの多い紙袋は、気づかない内にたくさん溜まっている物です。何かに使えると漠然とした考えを持っている物の、結局使い道を考えられずにそのまま置いてあるという方が多いと思われます。...

  • ためになる暮し

    • 紙袋は便利なものですが、使い終わって押し入れなどに貯めておくと、どんどん増えてしまい、最後はゴミとして出すというパターンになりがちです。いつかは役に立つということはあるにしても、貯まりすぎてしまうと邪魔になることも確かです。...

  • 意外な真実

    • オリジナルの手提げ袋の発注は、通常1ロット500枚からというところがほとんどです。1回の注文で多く枚数を発注すれば、1枚当たりの単価はかなり低くなります。...

top